シンガポールスリング Singapore Sling

1915年、シンガポールのラッフルズ・ホテルのロングバーのバーテンダー「厳崇文/Ngiam Tong Boon/ニャン・トン・ブーン」(彼は、海南島の華人だったので、名前の表記を漢字・英語・カタカナで表記しておきます。読みやすい、覚えやすい読み方・書き方で覚えてくださいね)が考案したトロピカルカクテルのひとつです。

当時、イギリス領だったシンガポールではまだ社交場で女性がお酒を嗜むことに抵抗がある時代でした。

白人の社交場となっていたラッフルズ・ホテル(ロングバー)のバーテンダーだった彼は、「女性が人前でも飲めるようなお酒を」と思い、考案したのがはじまりだと言われています。

タンカレー
¥1,518 (2024/05/19 09:08:17時点 Amazon調べ-詳細)

シンガポールスリングの良さ

飲み口はフルーティーで口当たりもよく、甘さがあり、飲みやすいカクテルをオーダーするときにはもってこいの1杯です。

「シンガポールスリング」は、マラッカ海峡に沈む夕日をイメージした神秘的なバラ色のカクテルで、一見フルーツ・ジュースのようにも見える女性のために考案された、トロピカル・カクテルだけあって、瞬く間に人気を博した「シンガポールスリング」

なお、イギリスの小説家「サマセット・モーム」は、マラッカ海峡の夕日を見て、世界一美しい夕日。「東洋の神秘」と称えたそうです。

そこまで、美しい神秘的な景色をイメージして作られた「シンガポールスリング」

ロマンチックな夏に飲みたい1杯ですね。

今では、色々なレシピが存在するカクテルですが、本来のレシピを元にして考えてもアルコール度数は約15%くらいです。

今では、レシピも改良されより飲みやすくなったトロピカル・カクテルの1つ。

個人的には、沖縄の恩納村にある「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」から見える夕日を眺めながら楽しむ「シンガポールスリング」は別格でした。

ぜひ、素敵な方と、「夏の思い出の1つ」として味わってみてくださいね。

シンガポールスリングの味わい(フレバー)

今では世界中のバーやダイニングバーでも提供されている有名なカクテルの1つ「シンガポールスリング」ですが、実は、このカクテルが考案されたラッフルズ・ホテルのレシピはあまり一般的に親しまれていません。

シンガポールで考案されたのち、イギリスのロンドンにも広まった「シンガポールスリング」は、よりフルーティーで飲みやすいテイストにアレンジされ、その新しいレシピの方が世界中に広まったとされています。

そして、考案者の「ニャン・トン・ブーン」の甥「ロバート・ブーン」が、1970年代よりラッフルズ・ホテルのロングバーの部門責任者として後を引き継ぎ、見た目だけではなくて、テイスト自体も南国を思わせるようなレシピにアレンジした

トロピカルな「シンガポールスリング」が今では一般的なレシピとして世に広まりました。

ジンをベースに数種類のリキュールとパイナップル・ジュースとライム・ジュースなどを混ぜた甘ざっぱりした飲みやすいカクテルです。

現在のオリジナル・レシピでは全部で8種類もの材料を混ぜ合わせて作る複雑なカクテルとなっております。

ラッフルズ・ホテルでオーダーの際は、オリジナルかそれとも違うレシピがいいかと聞かれるので、2種類のレシピを知っているといいかもしれませんね。

ぜひ、日本のバーでや、自ら作る際は飲み比べてみてはいかがですか。

シンガポールスリングの美味しい作り方

用意するもの

「ラッフルズ・ホテルのレシピ」

材料

  • ドライジン(ビーフィーター) 30ml
  • チェリーブランデー(チェリーヒーリング) 15ml
  • パイナップルジュース  120ml
  • ライムジュース  15ml
  • ベネディクティン  7.5ml
  • コアントロー  7.5ml
  • グレナデンシロップ  10ml
  • アンゴスチュラビターズ  1dash

*1915年に考案されたレシピは、

  • ドライジン(ビーフィーター)  45ml
  • チェリーブランデー(チェリーヒーリング) 15ml
  • レモンジュース  20ml
  • シュガー  1tsp
  • ソーダ  P.P(適量)

今のレシピと比べると、色合いはそこまで変わらないかもしれませんが、フルーティーな感じは今のレシピを知ってしまうと、あまり感じられない様なかんじがしますね。

良かったら、参考程度に覚えておいてください。

手順

  1. 全ての材料をシェーカーの中に注ぐ。
  2. バースプーンで一度ステアして、テイストを確認してからシェーカーに氷を入れる。
  3. ハードシェイクを40回ほどして、パイナップルジュースを泡立てる。
  4. 氷を入れたゴブレット・グラスに注ぐ。
  5. パイナップルとレッド・チェリーとストローを2本飾る。

*しっかりとシェイク出来ていないと、パイナップルが泡立ちませんので、しっかりシェイクしてくださいね。

飾り付けは、お好みのフルーツに変えても大丈夫です。

自分なりのトロピカルな飾り付けも素敵だとおもいます。

色々なバリエーションがあった方が、同じ人に提供する際は喜ばれること間違いありません。

飲み方

ストローで飲むとお洒落な感じがしますが、酔いやすいので注意してくださいね。

カップルや意中の相手とストローを1本づつ使用して愛を深め合うような飲み方も町のバーでやるのは少し抵抗があるかもしれませんが、リゾート地では、心も開放的になるのでぜひ恥ずかしがらず実践してみてくださいね。

楽しい思い出になることでしょう!!

飾りで添えられているフルーツは、飲む前に食べても飲みながら食べても、観賞用として見ながら味わってもと、お好きなようにお召し上がりください。

お店などでは紙ナプキンなどがテーブルやカウンターに置いてありますので、食べ終わったら包んでグラスの近くに置いておくとバーテンダーさんやウエイターさんが下げてくれますよ。