イタリアのフィレンツェの老舗リストランテ「カソーニ」の常連客だった「カミーロ・ネグローニ」伯爵が愛飲していた食前酒です。

考案者は、同店のバーテンダー「フォスコ・スカルセリ」が伯爵のためのオリジナルカクテルとして伯爵に振る舞っていたが、どうせなら色々な方々にも飲んでほしいと本人に確認しました。

伯爵本人から許可を得た、1962年に美食家としても有名な伯爵の名をつけた「ネグローニ」が誕生しました。

元々、伯爵は「アメリカーノ」というカクテルを食前酒として飲んでおられたみたいですが、少し物足りなかったんでしょうか….

ちなみに、アメリカーノとは、カンパリ・スイートヴェルモットをソーダで割ったカクテルのことです。

ソーダで割るんじゃなくて、ソーダの代わりにジンにしてくれとリクエストしたみたいです。

アルコールがお強い伯爵には、これが大のお気に入りとなり、誕生したカクテルだと言われています。

ネグローニの良さ

花に花言葉があるように、カクテルにもカクテル言葉があるんです。

この「ネグローニ・カクテル」はといいますと。

「初恋」です。

お酒とお酒とお酒を混ぜ合わせたカクテルなので、少々アルコールが強いように感じられますが、味わいは甘苦いような仕上がりなので、いい意味での「初恋」ではなく、結果が少々残念だった「初恋」なのかもしれませんね。

人それぞれの感じ方なので、甘く感じる人ならいい意味での「初恋」ですね。

私の「初恋」は…..
恥ずかしいので、その話は酔っぱらったときにでも、ただのじゃれ事だと思って、酒のつまみにでもしてくださいね。

今の現代だとカルピスウォーターを連想する人が多そうな。

この「ネグローニ」ロックスタイルで提供しているカクテルなので、ゆっくり時間を掛けて「初恋」から「今」は、どう変化したかをお酒とともに味わって思い出しながらふと想像するときにはぴったりだと思います。

ちなみに、このカクテルを始めて作ったのは、1920年代頃とされています。

その時は、今のスタイルとは少し異なり、ビルドではなくシェイクして提供していたみたいです。

そして、最後にオレンジスライスをグラスに入れて完成。

世に出る場でに実に、40年近くも許可を得られなかったなんて、逆にこのバーテンダーさんの執念が詰まった1杯ですね。

ネグローニの味わい(フレバー)

ジンとカンパリとスイートヴェルモットを使用したカクテル。

このカンパリ、色が赤くて甘いリキュールなのかと思いきや、甘さよりかは苦みが強いなと感じられるリキュール。

私もバーテンダーになる前に、一度町の酒屋で購入したことがありまして。

その時は知識も一切なく、リキュールで色が赤いならカシスリキュールみたいに甘くて飲みやすいお酒なのかと思い購入して味見してみると、なんだこの甘苦いお酒はと感じたことを今、これを書きながら思い出しました。

そうこの「カンパリ」。

名前の由来は、今は考案者の名前を付けて売られていますが、元々は「Bitter All’uso d’Hollandia」という名前で売りだれていました。

日本語に訳しますと、「オランダ風苦味酒」です。

そりゃあ、苦いわけですね。

この意味を知って納得しました。

そんなカンパリとスイートヴェルモットとジンで作るカクテルなので、スイートヴェルモットの甘い味わいも感じる強めなカクテルです。

ただ、オレンジスライスもはいるので、香りはオレンジの爽やかな感じもするので、ついつい一口目にぐびっといってしまいそうな仕上がりのカクテル。

ぜひ、「初恋」の相手と飲む機会があれば試してみたいですね。

伯爵みたいに食事をする前の食前酒でもお酒が強い方なら食欲をもたらしてくれていいかもしれませんね。

ネグローニの美味しい作り方

用意するもの

材料

  • ドライジン(タンカレー)  30ml
  • カンパリ  30ml
  • スイートヴェルモット(マルディーニ社) 30ml
  • オレンジスライス(輪切りでも半月切りでもOK)

手順

  1. ロックグラスに大きめの氷を入れる。
  2. ジンを30ml、カンパリを30ml、スイートヴェルモットを30ml入れてステアする。
  3. 最後にカットしたオレンジスライスをグラスに入れる。

*ビルドスタイルのカクテルで、材料もすべて同じ分量なので簡単に作れるカクテルだと思います。

これは化学の実験みたいですが、初めに氷に当たった液体の香りを一番に強く発するので、注ぐ順番はお好みで大丈夫です。

ジンを一番、強調したい人はジンから。

カンパリを一番、強調したい人はカンパリから。

スイートヴェルモットを一番、強調したい人はスイートヴェルモットから。

やや甘苦い感じが欲しい人なら、カンパリから。

甘い感じが欲しい方なら、スイートヴェルモットから。

と、注ぐ順番で、仕上がりのテイストも変わってくるので、色々試して自分の好みに合う「ネグローニ」を作ってみてくださいね。

飲み方

ロックスタイルのカクテルですので、氷が溶けだしてからの変化も、味わいながら楽しんで下さい。

ただ、溶けきってしまっては、水っぽくなるので氷があまり小さくなりすぎない幅で、変化を楽しんでください。

グラスの中に入っているオレンジスライスはそのまま飾りでもいいですし、少しオレンジの甘みや爽やかさが欲しい方は、お店ならバーテンダーさんにマドラーをお借りして、少し果肉を潰しながら混ぜると、すごく変化しますよ。

あまり、オレンジの香りを強調してほしくない方は、オレンジピールでもいいかもしれませんね。

ネグローニのアレンジ

甘めなネグローニ

もともと、甘い感じがあるカクテルです。

より甘くしたい方は、ドライジンを甘めなジンに変えるのもいいかもしれませんね。

例えば、フランスのエギュベルジンや、イギリスのタンカレーのマラッカジンや、オレンジフレーバーやレモンフレーバーがあるブルームスバリージンなんてのもいいと思います。

あとは、カンパリですね。

今の赤いカンパリとは違って、コーディアル・カンパリという透明なカンパリも以前は販売されていました。

苦味も抑えめで甘さが際立つカンパリなんですが、なんせ生産中止になってからだいぶ経つので、バーなどで見かけたらコーディアル・カンパリで作ってもらうと苦みが抑えられた甘さの際立つ「ネグローニ」を味わうことができますよ。

そんなのなかなか見つからないよという方は、ガムシロップをお好みの甘さになるまで入れてみてください。

甘いネグローニが飲みたい方には、ぴったりのテイストに仕上がりますよ。

アルコールが苦手な人におすすめなネグローニ

混ぜ合わせるものが全てアルコールを含んだカクテルですので、苦手な方はゆっくり飲むしかないかもしれませんね。

使用されるお酒の中でもアルコールが一番高いのが、ドライジンなので、量を少なく作ってみるとか。

もしくは、少々味が変わってしまうかもしれませんが、オレンジスライスの変わりにオレンジジュースで割ると飲みやすくていいですよ。

飲めそうなぐらいまでオレンジジュースで割るか、チェイサーをオレンジジュースにしてネグローニをゆっくり味わってみるか。

飲めそうだと思う、幅で楽しんでくださいね。

などなど、以上は例です。

ネグローニに合う料理&おつまみ

このカクテルを好んでいた「ネグローニ」伯爵も食前酒として愛飲されていたみたいなので、アルコールが得意な方なら前菜と合わせてでもいけそうですね。

イタリア生まれのカクテルですので、今回はイタリアンを連想するような料理をご紹介していきます。

テイスト的に甘苦いので、お肉料理が合います。

タリアータ(日本風に言えば牛肉のタタキ)やトリッパのトマト煮込みなんてどうでしょうか?

トリッパの煮込みにミントを入れて食べるのも好きな私なので、ジンのハーブが効いた感じやカンパリの甘苦い感じがより一層料理を引き立ててくれますよ。

がっつりお腹がたまる料理と合わせたいなら、ピザもいいです。
大概のピザにはチーズが入っていますよね。

このチーズが入っているおかげで、この甘苦いカクテルも邪魔をせずにいい相乗効果で楽しめちゃいます。

ご家庭なら、手作りでつくるもよし、宅配ピザを頼むもよしと、気軽に実践できますよ。

おつまみですと、オレンジやマンゴー、いちぢくなどのドライフルーツやナッツ類がおすすめです。

ネグローニの歴史(逸話)

発祥地でも知られる、イタリアのフィレンツェの「リストランテ・カソーニ」。

その後、店名が「GIACOSA ジャコーザ」と変わりました。

そして、2001年には世界的にも有名なファッション・ブランド「ロベルト・カヴァッリ」の傘下になり、またまた店名が変わりました。

今では、「カフェ・ジャコーザ・ロベルト・カヴァッリ」として営業しています。

ぜひ旅行の際には、ふらっと立ち寄って、本場の「ネグローニ」を堪能してください。

カクテル名にもなった、「ネグローニ」伯爵ですが、大の常連さんということもあり、お店では専用のグラスで嗜んでいたみたいです。

座る席も決まっていたかもしれませんね。

私のお店でも、専用のグラスで同じお酒を嗜んでいらっしゃる方も大勢います。

座る場所も空いていれば、いつも同じ場所に座ります。

昔からそういうところは変わらないんですね。

時代は変化して、世の中の暮らしが機械的になったとしても、人の感情は、誰が教えたわけでもなく受け継がれていくんですね。

いつか、カウンターの中に人工知能を持ったロボットが入ることが起こったとしても、その感覚はなかなか理解出来るようなことはないとはおもうので、これからも世の中から「止まり木の天使」を絶やさないように頑張っていかないといけないとつくづく思う1杯「ネグローニ」です。

ネグローニの注意点

まずは、ネグローニのカロリーからご説明させていただきます。

ジンにも色々な種類があります。

今回は、レシピでも使用しているタンカレー社のドライジンを使用した際のカロリーを計算していきます。

カンパリは、今は1種類しかないので、皆さんがご存知の赤いカンパリで。

スイートヴェルモットは、イタリア生まれのカクテルなので、イタリアの有名なマルディーニ社のスイートヴェルモットで計算していきます。

それでは、レシピのおさらいです。

  • ドライジン(タンカレー)  30ml
  • カンパリ  30ml
  • スイートヴェルモット(マルディーニ社) 30ml

まずは、ドライジン30mlからですね。

30mlをグラム計算します。
ジンの成分は大麦、ライ麦、じゃがいもなどの穀物・イモ類を使用した蒸留酒です。

なので、30ml=約28gとなります。

約28gのカロリーは、約80kcalとなります。

続きまして、カンパリ。
サントリー社が輸入しているイタリアのハーブリキュール。

こちらは、サイトでもカロリーを表示してあるので、そちらを参考にさせて頂きます。

40ml=70kcalですので、今回は30ml使用しますので、52.5kcalです。

そして、最後にスイートヴェルモット。
ハーブやハチ蜜をワインに浸透させて作ったワインの一種です。

まずは、グラム計算します。
100ml=105g
です。

今回は30ml使用なので、31.5gですね。
31.5gのカロリーは、48kcalです。

全てのカロリーが出そろいましたね。

合計は、約180.5kcalとなります。

結構、カロリーも高いカクテルですね。

しかも、今回使用しているものは、全て蒸留酒はではないので、糖質も気になりますね。

ジンは蒸留酒なので糖質は一切ありません。

が、残りのお酒には入っています。

カンパリは30ml=糖質がだいたい15gほど入っています。

スイートヴェルモット30ml=約16.4gの糖質が含まれています。

合計すると約31.4gと大変多いですね。

ちなみに、他の食材と例えますと、市販で販売されている素麺一束(50g)とだいたい同じくらいの糖質量です。

何杯も飲むことを考えさせられるカクテルですね。

健康のためにも、程々に嗜みましょうね。

それでは、今夜も素敵なバータイムを!!